hspママのブログ

不登校になった長男と、hsp気質の私と、家族の成長記録です。

不登校の児童生徒さんが年々増えている⁈

hspママ  です。


私が住む栃木県では、

5年連続で不登校の児童生徒が増えているそうです。


なぜ増加の傾向にあるかというと、

学校への復帰を急がず、

丁寧に対応しているからだそうです。




児童生徒さんの学校への復帰を、

学校側が焦らず児童生徒さんを待っていてくださるという対応は、

本人・そして親にとっても

大変ありがたいことだと思います。


これを無理に、

意地でも学校に連れて行くような対応をとってしまったら、


さらに状況は悪化してしまうでしょう。

児童生徒さんの学校に対する印象も、

どんどん低下してし、学校に行けない時期が長期にわたる可能性も十分にあります。


本人も学校に行きたいのだけど行けないのだから、

無理に行かせようとしても逆効果なんですよね。



家庭内暴力というものがありますが、

これは、

暴力は良くないことではありますが


暴力を振るう側の

魂の叫びなのだと強く思います。


暴力だって、

やりたくてやる人なんて、

きっといません。


自分の思いが

周囲に理解されなくて、

どうしようもなくなって起こしてしまうのですよね。



親御さんとしては、

周囲の目もありますし、

できることならみんなと同じように学校に行ってほしい、


今の状況が一刻も早く改善されることを臨むことは当然のことだと思います。


それは、

社会では学校に行くのが当たり前という風潮になっているから。



でも、

世間の常識をそのまま

学校に行けない児童生徒さんにぶつけるのは、

また別の話です。


学校に行ければ何の問題もない。


そうではなく、

その子に何があったのか、


その子が

どうすれば安心して学校に行けるようになるのかを


考えることが大切なのだと強く思います。


その子が安心して過ごせるなら、

学校を休む選択もあって良いと思います。


人より遠回りしてしまうかもしれませんが、

エネルギーを溜めて、


また元気になって

学校へ行ったり外出するパワーを身につけてくれたら、

それで良い。


この数ヶ月で、葛藤を繰り返しながら

そう思えるようになりました。